mayumin blog

vvyumavv.exblog.jp ブログトップ

初春公演♪

今年最初の文楽を観るために、大阪まで行ってきました~♪
大阪には飛行機で行くのですが、いつも楽しみにしていることがあります。
それは、飛行機から観る富士山で~す^^
今回は天気が良くて、すっごく綺麗にみえました!!




e0194987_8102175.jpg
e0194987_8103698.jpg

富士山を観ると、何だか感激します。
幸運に恵まれるような気がして、いつも富士山が見える側を選んでしまいます^^

劇場に到着~♪ 外は、いつもと変わらず・・・・
e0194987_8133443.jpg

中に入ると、新年の縁起物「にらみ鯛」が飾ってありました。
黒門市場から届けられた鯛のようです。
e0194987_8151035.jpg

舞台上部にも大きな「にらみ鯛」と「凧」が飾ってありました。
e0194987_816276.jpg


e0194987_8235968.jpg
今回の演目は~
初春公演なので、お目出度い曲や名作が上演されます。

伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)
   竹の間の段
   御殿の段
お夏 清十郎 寿連理の松
   湊町の段
日高川入相花王
   渡し場の段




でも、現代人の私には、観たらびっくりの内容でした!

まず、「伽羅先代萩」は、江戸時代に伊達藩で実際に起こったお家騒動をもとにしたお話。
主人公の乳人政岡が、幼い鶴喜代君を敵方から守るため、わが子の千松に、毒と思えば食べろと言い含めていて、鶴喜代君が敵方の持ってきた毒入り菓子を食べかけたところ、千松が身代わりに食べてしまい、敵方に殺されるというお話!
政岡がすごい女性で、敵がいるときは、千松が殺されても顔色ひとつ変えず、誰もいなくなってから、わが子の亡きがらを抱きしめ、「でかしゃった、でかしゃった」と、千松の亡きがらをかき抱いて褒めるのですぅ・・・。
母親の悲痛な叫びに涙を誘うお話で名作なんだけど、千松が敵方に殺される場面の残酷さにゾ~ッ!!

そして「寿連理の松」では、清十郎の父 佐治兵衛は難題山積~。
奉公先の主人の娘で嫁入り寸前のお夏と恋仲になってしまった清十郎。
なぜだか、お夏の兄 徳次郎と遊女小半の駆落者を匿い、身請けの半金50両の工面に苦慮。清十郎の許嫁で貰子のお梅を清十郎と夫婦にし、夫のために身売りさせようと考えるけど、お梅は清十郎のためを思い、自ら身売りを決意。悟られまいと祝言を強く拒み、出て行きます。
それを聞いたお夏が死を決意~!
とまぁ、いろんな難儀がからみあって噴出~!
それをお夏の父が一挙に(金で)解決して、お梅は清十郎の妾でハッピーエンド♡ って! どこがやねん!!
何だかお梅が気の毒に~。
それでも、最初から最後まで、だ~れも死なずに終わるので、目出度いそうです・・・^^;

最後の「日高川入相花王」は、清姫が旅僧安珍に恋焦がれ、嫉妬と執念から蛇体となって日高川を渡り、安珍を追い、道成寺へ向かうお話。

ふぅ~^^; なんとも濃~~い、情のお話でしたわ・・・。
[PR]
by vvyumavv | 2010-01-21 09:47 | イベント・観劇
line

大好きなこといっぱい♪  wvyumavwでTwitterやってまーす♪


by vvyumavv
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30