mayumin blog

vvyumavv.exblog.jp ブログトップ

デザートフラワー

今年最後の映画「デザートフラワー」は、心にドォーーーンと衝撃を受けました!!

VOGUEなど多くの一流ファッション誌の表紙を飾るソマリア出身のスーパーモデル、ワリス・ディリーの波乱に満ちた半生をつづった自伝「砂漠の女ディリー」を映画化したものです。
ワリスは、80年代から90年代に活躍したスーパーモデル!
アフリカの遊牧民の家族から一人で逃げ出して、ヨーロッパでファッションモデルとして成功するという単純なサクセスストーリーではない衝撃の映画でした。
e0194987_21421583.jpg





彼女はスーパーモデルとして世界的成功を収めた一方、幼少時に受けたFGM(女性性器切除)に苦しめられていることをインタビューで告白します。
この映画ではじめてFGMのことを知りましたが、FGMは過去の話ではないことに驚きを隠せませんでした。
現代の日本では考えられませんが、アフリカ、中東、アジアなどの一部の開発途上国では、現在でもこの風習が残っていて、切除を受けない女性は汚れた存在として、結婚もできないそうです。
女児の外性器を切り取るというこの風習は、麻酔も消毒薬も無いような、衛生環境もよくない所で行われるので、病気だけでなく、死に至る人も少なくありません。
それに、性交や出産時の痛みだけでなく、お手洗いだけでも苦痛が伴い、性感染症に感染する危険も増加するため弊害は大きいといえます。
ワリスは、3歳のときにこの女性性器切除を施され、ワリスの妹は、FGMが原因で亡くなられているそうです。
FGMには、宗教的な意味合いはないそうで、貞操や純潔の象徴として女性を縛っている、この愚かしい風習が一日も早く無くなる事を願わずにはいられません。

ワリスは現在も、世界中の人にFGMの存在を知ってもらい、廃止していく活動を行っているそうです。
映画の出来よりも、自らの力で逆境を乗り越えて、人生を切り開いていったワリスの半生に圧倒されました。。

e0194987_22313950.jpg

ワリスの役は、エチオピア出身でファッション誌などで活躍する現役トップモデルのリヤ・ケベデが演じています。
さすが現役モデルだけあって、言葉もわからず、おどおどしていた彼女がトップモデルとして、ファッションショーを飾っている姿はとても魅力的で素敵でした!!

今年最後に衝撃を受けましたが、観てよかったと思っています。
[PR]
by vvyumavv | 2010-12-28 22:45 | Movie&Book
line

大好きなこといっぱい♪  wvyumavwでTwitterやってまーす♪


by vvyumavv
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30