mayumin blog

vvyumavv.exblog.jp ブログトップ

三谷文楽 其礼成心中 @パルコ劇場

先日、三谷幸喜演出・脚本による文楽 "其礼成(それなり)心中" を観て来ましたーー!!
もともと文楽は好きで観ていたのですが・・・と言っても、最近は韓流に現を抜かし、すっかりご無沙汰・・・008.gif
でも、三谷さんによる文楽の新作!!!と聞いたら、絶対観たくなるよねー045.gif
しかも内容が近松門左衛門の「曽根崎心中」がヒットしたあとの世界を描くという・・・。
期待に胸を躍らせながら、劇場に向かいました058.gif
e0194987_17383895.jpg




一番最初に気になったのは、床(義太夫と三味線がいるところ)がどこにあるのかな?ってこと!
幕が上がって驚いたのは、舞台上部に床がありました^^
私は、三味線さんが結構気になるので037.gif、舞台上にあると一度に観れるのでよかったわ012.gif

お話の舞台は、近松門左衛門の「曽根崎心中」で心中名所となった天神の森。
饅頭屋の半兵衛は、人生相談と饅頭をセットにした曽根崎饅頭を売り、大儲け!
ところが、近松門左衛門が新作で「心中天網島」を書き、これがまたまた大ヒット!
すると天網島に"かき揚げ天網島"を売る店が出て、こちらにお客が移り、饅頭屋には借金だけが残り・・・。
困り果てているところに、饅頭屋の娘とかき揚げ屋の息子が恋仲であることがわかり、娘のためを想い、半兵衛夫婦は心中することに・・・。

面白かったのは、義太夫の語りの中にカタカナがいっぱい出てくること!
パトロールやネイルサロン、スカイダイビング・・・などなど。
義太夫の語りと三味線による古風な雰囲気の中で、こういうカタカナや「逆ギレ」みたいな現代語が出てくるのがギャップがあって面白い!!
そして、曽根崎心中の名場面の「この世の名残・・・」のさわりが聞けたり、心中天網島の文楽を半兵衛と一緒に観劇したり、古典のさわりも楽しめるところが、二度美味しい!!
それに近松門左衛門本人も登場したり、セットもなかなか斬新(いつも文楽に比べると・・・)で、結構楽しめました^^

古典は、古典で大事にしなければならないとは思うけれど、こういう新作をどんどん取り入れるのも「あり049.gif」なんじゃないかと!!!
でも、ちょっと気になったことも・・・。
人形がいつもより・・・特に帯から下が薄っぺら~な感じがしたんだけど、もう少し何とかならないのかな??
人形ってその舞台で遣う技芸員さんが自分でしつらえるんだけど、今回は大御所の方々は出てないので、そこにも技が必要なんだなーって感じちゃいました^^;

よかったことは・・・。
公演の最後にカーテンコールに応えて、技芸員の皆さんが自分が遣った人形を持って挨拶してくれたのが、とってもよかった!!
そして、いつもホントに無表情な三味線さんたちが、にこやかに手を振って挨拶してくれたのもとってもツボでした012.gif
こういうのって、素が垣間見えてファンとしては、とっても嬉しいのに・・・。
是非、本公演でもお願いしたいわーーー!!!

とにかく、とっても面白かったです!!!
昔の人が近松門左衛門の文楽を楽しんだように、楽しく観れた三谷文楽でした058.gif
[PR]
by vvyumavv | 2012-08-23 16:30 | イベント・観劇
line

大好きなこといっぱい♪  wvyumavwでTwitterやってまーす♪


by vvyumavv
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31