mayumin blog

vvyumavv.exblog.jp ブログトップ

映画"黄金を抱いて翔べ" & 神田きくかわでLunch♪

1990年に日本推理サスペンス大賞を受賞した高村薫氏の同名小説を「パッチギ!」の井筒和幸監督が実写化した
"黄金を抱いて翔べ" を観てきました071.gif

実は、映画が公開される前に原作本を読んでしまいました。
読んで一番最初に思ったのは「これ、ホントに女性が書いたの??」ってことでした!
だって、かなりハードボイルド系な内容なんですよねー。
気になって、他の本(レディ・ジョーカー)も読んでみましたが、やっぱり同じ感想でした(笑)

どこまで映像化できるか?心配もありつつ、期待して観に行ってきました♪
e0194987_1513255.jpg




映画を有楽町で観たので、映画の前に腹ごしらえ037.gif
何となく068.gifの気分だったので、昼から飲んじゃいました^^
e0194987_1513156.jpg

"神田きくかわ"さんの白焼き定食♪
e0194987_15132927.jpg

私、白焼き大好きなんですぅーーーー053.gif053.gif
美味しい鰻と068.gif でまったりしていたら、映画の時間が迫っていました!
せっかくゆったり食事してたのに、あわてて映画館に向いまーす!!
e0194987_15134377.jpg

過激派や犯罪者相手に調達屋をしてきた幸田(妻夫木聡)は、大学時代からの友人・北川(浅野忠信)から銀行地下にある240億円の金塊強奪計画を持ちかけられる。
幸田と北川は、銀行のシステムエンジニア・野田(桐谷健太)、自称留学生のスパイ・モモ(チャンミン)、北川の弟・春樹(溝端淳平)、元エレベーター技師の爺ちゃん(西田敏行)を仲間に加え、大胆不敵な作戦を決行する。
e0194987_15135665.jpg

原作を読んだ時、謎めいた過去を抱えた孤高の男、幸田を演じるは難しそうだよな~と思っていたんだけど、妻夫木くんが予想以上に悪い男になっていて、イメージに合っていました!
e0194987_15144340.jpg

それと、自己破滅的でどんよりした眼をしていた春樹を演じた溝端淳平くんも原作ほどの切れっぷりではないものの、なかなかよかったと思います^^
e0194987_1514288.jpg

ちょっと残念に思ったのは、実際に金塊を強奪する部分。
なんとなく、急にえっーーって感じで、ハラハラせず、何だかぐだぐだな感じがしたんだけど・・・。
計画は緻密に行って、実際の強奪も緻密に・・・ってイメージだったのに、行き当たりばったりな感じがしてしまった・・・><
最後の金庫前のやり取りも長すぎーって気がしたし・・・(笑)

個人的には、もう一つ残念なシーンが・・・。幸田とモモの最後のシーン。
孤独な男同士が友情もしくは友情以上の何かを感じる最後のサバの押し鮨のシーン。
この二人の関係があまり描かれてなかったので、何となく感情移入できずに終わってしまったのが残念でした。
e0194987_015466.jpg

原作がハードボイルド系だと、イメージ通りって難しいと思っていたけれど、意外と原作のイメージに近くてよかったです。
改めて役者さんって凄いなぁ~と思ったのでした006.gif
[PR]
by vvyumavv | 2012-11-30 13:32 | Movie&Book
line

大好きなこといっぱい♪  wvyumavwでTwitterやってまーす♪


by vvyumavv
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30