mayumin blog

vvyumavv.exblog.jp ブログトップ

いのうえ歌舞伎 蒼の乱@東急シアターオーブ

ずっと楽しみにしていた劇団☆新感線の蒼の乱!!
今回は、中島かずき作、いのうえひでのり演出の いのうえ歌舞伎♪
しかも、主演は天海祐希で、新感線初参加の松山ケンイチ!!
これは絶対面白いだろうな〜と期待でいっぱいだったのですが、チケットがなかなか取れなくて…(汗)
平日で何とか取れたので、お友達をお誘いして行ってきました〜071.gif
苦労したけれど、思ったよりいい席が取れたし、新感線をはじめて観劇するお友達も満足してくれたみたいだったので、よかったです058.gif
e0194987_14254010.jpg




東急シアターオーブは、ヒカリエの上にあるので、ヒカリエで食事をしてから向かうことに…^^
大好きな利久で、牛たんシチュー定食をいただきました♪
チケットのやりとりをしていたら、お店の方が「シアターオーブでお芝居を見られるのなら、このチケットでドリンクが無料になりますよ^^」と教えてくださり、ジュースをいただきました058.gif
e0194987_1427160.jpg

今回のモチーフは、日本の三大怨霊の一つと語られ、さまざまな逸話の残す平将門。
その将門をめぐる物語を今までとはまったく違うイメージで描いています。
歴史の大きな流れの中で構築されていく「国をつくる」というテーマを日本の平安時代を想定した架空の国を舞台に描いています。
e0194987_124558.png

天海祐希は、その将門の妻となる強く美しい女性、蒼真を演じています。
もう、天海祐希にしか演じられないんじゃないの!!! って言うくらい、彼女にぴったりの役で、カッコ良過ぎました〜053.gif053.gif
中でも、男装をして鎧兜をつけた姿が一番似合っていて、スケールが大きくて、弱いんだけど強いっていう女性を演じたら、天下一品ですね006.gif
この男っぷりがいい女は、誰よりもカッコ良くなっちゃって、ホントにうっとりでした012.gif
e0194987_124254.png

そして、将門には、松山ケンイチ!
朴訥で爽やかな将門。ちょっとバカっぽくもありましたが、腹に一物がない感じの単純明快な純朴な雰囲気がすごく松山ケンイチにあっていて、よかったです053.gif
でも、一番可笑しかったのは、将門の相談相手の馬の黒馬鬼(クロマキ)
頭に馬の頭をかぶり、胴体から後ろ脚をつけていて、後ろ脚とつながっている棒で脚を操っているのですが、これが秀逸!!!
いかにもな着ぐるみ感はまったくなく、結構カッコいい馬なんです!!!
舞台はしに居ても、馬なのでずっと動いていて、ちょっと目が離せませんでした037.gif

新感線のお芝居は、ホントに楽しくて好きなのですが、舞台も豪華で、今回も照明と風が効果的に使用されていたし、セットチェンジもするっと美しく進行されていて、とってもよかったです058.gif

そして、いのうえ歌舞伎といえば、殺陣!!
今回も早乙女太一が出演していて、ホントに彼の殺陣は、舞いを見ているように美しくて、うっとりします012.gif
そして、弟の早乙女友貴も今回共演しているのですが、ちょっと殺陣の上手い人がいるな〜と思ってみていたその人が弟の早乙女友貴その人でした005.gif
やっぱり殺陣って、特別な技術なのね〜としみじみ思ったのでした045.gif
e0194987_14255165.jpg

休憩をはさんで、ほぼ4時間。
後半は、斬って斬っての殺陣シーンの連続と善と悪が入れ替わるどんでん返しの連続で、見ているものをまったく飽きさせません!!
ラストは、大きな布が舞台一面に張られ、風を送って草原を表現し、奥の壁にも布が張られ、風を送って空を表し、その広大な草原の中に天海祐希が立って、ただの蒼真として生きて行く! と語って幕なのですが、めっちゃ素敵なんです〜♡
こちらまで風を感じるようなシーンだったし、蒼真の表情がさっきまでの将門御前として戦っていた時と違って、とっても女性的で美しかったです006.gif
e0194987_14255988.jpg

あ〜、やっぱり いのうえ歌舞伎は面白い!!!

一部の画像はお借りしました040.gif
[PR]
by vvyumavv | 2014-04-23 12:24 | イベント・観劇
line

大好きなこといっぱい♪  wvyumavwでTwitterやってまーす♪


by vvyumavv
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31